「怪談王2019 関東大会」優勝者はナナフシギの大赤見展彦さん

イベント 取材
297 views
潜入取材
画像: “最恐”怪談師決定戦
“最恐”の怪談師を決める「怪談王2019」が始動し、各地区大会で熾烈な戦いが繰り広げられています。そして、2019年5月22日(土)東京都新宿区の新宿ゴールデン街劇場で怪談王関東大会が開催されました。

関東の怪談語りの猛者たちが一堂に集結し、背筋も凍る怖い話を披露する真剣勝負の場。総勢9名の語り部たちが、今回の大会に参加しました。怖さの追求はもちろんのこと、構成力や話術も審査対象とされる厳しい怪談バトル。見事、怪談王関東大会で優勝に輝いたのは、ナナフシギの大赤見展彦さんでした。

怪談王関東大会

怪談の語り部たちが話の怖さを競う「怪談王」。怪談王の地区大会の中でも特に激戦区といわれるのが、関東大会です。総勢9名が参加しました。

出場者は、都市ボーイズはやせやすひろ(タートルカンパニー)/志月かなで(タートルカンパニー)/ナナフシギ大赤見展彦(太田プロ)/山口綾子(太田プロ)/XXCLUB大島育宙(タイタン)/ホタテーズ川口英之(ホリプロ)/疋田紗也(TDプロモーション)/アゲインノリ(松竹芸能)/星野戦慄(リザーブマッチ勝者)の総勢9名で行われました。

まず予選が行われ、投票によって上位5名が本選に出場できます。改めて怪談を披露し、投票の結果一番点数を獲得した者が勝者となります。

なお関東大会では、本選で点数を多く獲得した上位3名が、8月に開催される怪談王決勝大会に駒を進められます。

ルールは、持ち時間ひとり10分間と、語る怪談は実話であることのみ。最も怖い話を披露した者が優勝に輝きます。

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事