話題作!!『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』死霊館シリーズが嘆き悲しむ女の幽霊を映画化!!

映画 ホラー ラ・ヨローナ
520 views
都市伝説
画像: greg.healy on flickr

『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』

出典:note

「死霊館シリーズ」は、2013年のアメリカで公開された映画『死霊館』を皮切りに始まったホラー映画シリーズです。これまで7作以上が制作された死霊館シリーズは、怪奇事件や超常現象、都市伝説をモチーフに描かれています。

同シリーズの最新作『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は2019年に公開されました。シリーズの生みの親であるジェームズ・ワン監督がプロデューサーとして入ったことから注目を集めました。

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は、中南米で古くから伝わる「ラ・ヨローナ伝説」の怪談を題材にしています。この話をモチーフに映画は制作されました。

嘆き悲しむ女の幽霊

そもそも、ラ・ヨローナとは「嘆き悲しむ女の幽霊」を指します。中南米に伝わる「ラ・ヨローナ伝説」では、貧しい田舎で暮らす「マリア」と呼ばれる美しい女性が主人公です。

ある日、大金持ちの貴族の御曹司がマリアの住む村を通りかかります。その御曹司は一瞬でマリアに一目惚れをします。御曹司の愛を受け入れたマリアでしたが、彼の父親は身分の違う彼女との結婚を許しませんでした。

それでもマリアを愛していた御曹司は、父親から離れた場所に家を建て、彼女と暮らし始めます。2人の子供にも恵まれ、マリアは幸せな日々を送っていました。

しかし、しばらくしてから夫は実家の暮らしを忘れられず、妻を置いて家を留守にすることが多くなり、帰ってこない日が続きました。最終的に、夫はマリアの元から離れていきました。それでも彼女は2人の子供を一生懸命育てます。

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事