SNS好きの若い女性はサイバーストーカーの餌食になる可能性大!?

怪奇事件 サーバーストーカー
460 views
超常現象・怪奇事件
画像: Emertz76 on flickr
サイバーストーカーという言葉を聞いたことがありますか。

サイバーストーカーは、ネットストーカーとも呼ばれ、インターネット上でSNSなどを使って特定の人物につきまとう行為です。

昨今のSNS社会において、若い女性を中心にサイバーストーカー被害が急増しています。日本では2016年に発生した東京小金井でのストーカー殺人未遂事件を契機に、ストーカー規制法が改正されました。規制の幅を拡げて凶悪犯罪を未然に防ぐ狙いがありました。

しかし、こうしたストーカー行為の犯罪には、まだまだ法律の整備も追いついていないのが実状です。警察による取締ができないケースも発生しています。

怖いですね。

写真を真似るストーカー

サイバーストーカーの脅威は日本だけに留まらず、海外でも凶悪事件が発生しています。世界中にユーザーがいる、ある写真投稿型SNSで、サイバーストーカー被害がありました。

イギリスの大学生クロエ・コーワンに降り掛かったストーカー行為は、とても不気味なものでした。

クロエは他の大学生に漏れず、日々の生活を写真投稿型SNSにアップしては、友人とシェアしていました。ある日彼女は1つの不可解なアカウントを発見します。

そのアカウントに投稿されている写真は、彼女が投稿した写真のポーズ・服装・アングル・背景まで完全に真似て移した写真ばかりだったのです。
その写真がこちらです。左がクロエ本人で右がサイバーストーカーです。
 
出典:FRONTROW

この不気味なアカウントは2年前からこの行為を始めており、クロエを真似た写真が無数にアップされていました。さらにアカウント名や写真へのコメントまでも、彼女を意識したものだったのです。
 
出典:FRONTROW

クロエはSNSの運営会社に報告し、なんとかこの行為を止める手立てを探しましたが、現在の法律では取り締まるのは難しいようです。

サイバーストーカーを防ぐには、SNSは不特定多数が閲覧する可能性のあるものだという「意識」が必要なのかもしれません。
 
出典:FRONTROW

写真投稿型SNSで起きた悲劇の事件をもう一つ。今度はアメリカです。

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事